読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとなんかかいておくところ

アニメとかイベントとかライブとか、忘れないようにかいておくところ。おもにじぶん用。

城所葵ミニアルバム発売記念 バースデーワンマンライブ ~あおむし、春恋し。~ 行ってきた

最近は、週末になればいそいそとシンガーソングライターのライブへ出かけていく生活になっているのだけど、そんな生活のきっかけをくれた城所葵さん。
この日記のライブが、いろいろなもののきっかけになったかなー、と思う。

hph.hatenablog.jp

そんな城所さんのバースデーワンマンライブ。
会場は、上野の森キリスト教会。
前に企画ライブで行った時に気に入って、次の日には会場を押さえたとか。
木目調のピアノがステキな会場なのだけど、当日はバンド編成ということで、ピアノは定位置とは違う位置に。

ライブのセットリストは、本人のブログを。

ameblo.jp

1曲めの、Protostarは今回の新曲。
初めてのインストで、城所さんが、ピアノ、箏、ヴァイオリン、コーラスと1人で色々と立ち回る曲。
なんでもチャレンジしていく城所さんらしい曲かなー、と見ながら思っていた。
曲調がではなくて、曲そのものがね。

今回はレコ発も兼ねていたので、新曲がいくつも出てきたのだけど、印象的だったのは、赤い電車
ここまではっきり誰かをテーマにした歌は無かった気がするので。
家族・故郷をテーマにした歌で、なんとなく情景が浮かぶような。
ほっとするような、そして少し切ないような。

もう一点全体を通して思ったことは、サポートメンバーがしっかりそろっている分、ボーカルに集中できたのかなー、という所。
いつもより、しっかり力がこもってたなー、と。
普段弾く事に使っているリソースを歌うところにつぎ込んでいるかのよう。

そして、サポートメンバーも豪華なメンバーなのよね。
渡部チェルさん、吉田穣さん、manzoさん、横瀬卓哉さん。
それぞれ、色々なところで活躍している方なので、ちょっと調べると色々でてくるね。

今は色々試行錯誤している感じのする城所さんだけど、この先どこに落ち着くのか、あるいは、この先もいろんな事にチャレンジし続けるのか、そんな所も気にしながら、また来年、再来年と見ていけたらなぁ、と思う。

今回のお花類と物販で買ったもの。
f:id:HPH:20161217152158j:plain
f:id:HPH:20161217152245j:plain
f:id:HPH:20161217152311j:plain
f:id:HPH:20161221143935j:plain