読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとなんかかいておくところ

アニメとかイベントとかライブとか、忘れないようにかいておくところ。おもにじぶん用。

東京理科大学 渡部優衣トークショー ~教えて‼ゆいトン教授~ 行ってきた

東京理科大の学園祭でトークショーがあるということで、サクサクとチケット取って行ってきたー。
会場は、東京理科大学葛飾キャンパスの図書館棟大ホール。
大学祭イベントに行くのは、東工大につづいて2回目かな。

都内だしなんとでもなるだろう、と思ってあまり良く調べずにいて、前日に経路検索してみたら、1時間程度かかると出てちょっと焦ったり。
当日もあまり早く出られなかったので、着いたのは開場時間ギリギリ…
まぁ、指定席だから開演時間に間に合えばいいんだけどね。

とりあえず、敷地内に入ると学園祭ということで出店があったんだけど、思ってたのよりおとなしい感じで並んでた。
まぁ、キャンパスも新しい感じでまだきれいだし、あまり羽目を外さないようにということなのかな。
f:id:HPH:20151121145653j:plain f:id:HPH:20151121150139j:plain

で、会場の図書館棟につくと、これまたキレイな図書館が。
理科大お金あるのかのぅ…
そして、会場のホールに入ってまたびっくり。
なんか、500人くらい入りそうな本格的なホールだった。
まぁ、トーク中にMCの学生さんが「無駄にカネかかってる」とか言ってたけどw

トークショーということで、いくつかコーナーをやっていく形。

・ゆいトン教授の履歴書
まずは基本データ。
年齢も隠さずに正直書いていくスタイル。
自分で書いておきながら、「いやー、はずかしー」などと言うものの、たいへんわざとらしくて、会場からもどう扱っていいか困った感じの笑いがw
ちなみに、司会の方が「アラサー」という単語を発した瞬間に激しく反応していた。
その他いろいろありつつ、演じた中で一番印象に残ってるキャラという欄。
ここに書かれていた名前は、上条るい。
今まで少年役が多かったところに初めて来た女の子役で、最初はぜんぜんうまく出来なくて、収録をやり直したりして、すごく大変だったみたいで、今でもたまに苦しい夢を見るほどだそうで。
まぁ、そんな話でも明るく面白おかしく話してるゆい㌧。
意識してなのか無意識なのかはわからないけど、そんな明るいゆい㌧は見ていてこっちも元気がもらえるね。

・ゆいトン教授の1日
これは1日の行動を図にして貰って、それをトレースしながら話していく感じ。
例に取ったのは、昼間と夜に仕事があるパターンだったので、けっこう早起きな感じだったけど、夕方からしか仕事なければ昼まで寝てることもよくあるとw

・教えてゆいトン教授
ここから衣装として白衣が登場。
白衣着てポーズとったりしてたけど、なんだろうこのテンションw
で、このコーナーは事前に募集していた質問にゆい㌧が答えていくというもの。
まぁ、トークにはよくあるネタだね。
ここでもいろいろおもしろいネタあった気がするんだけど、次のコーナーのインパクトが強くて忘れてしまったw
もちろん、野球のネタはあって、今年一年を振り返ってどうですか?的なもの。
今年の交流戦セ・リーグにとっては散々だったね…

・ゆいトン教授の関西弁講座
ここでは、事前に募集していたシチュエーションとセリフをゆい㌧に演じてもらうというもの。
東工大の時にもこの手のコーナーはあったね。
声優イベントだと定番なのかな?
始まってみると、出てくるお題が、恋人のシチュエーションだったり、告白を受けてOKする、とか、幼なじみ、新妻、と、まぁそんなんばっかりw
全部ちゃんと演じてたし、ちゃんとかわいかったんだけど、演るたびにはずかしくなってステージを動きまわってたw
しかし、ホムラジなら、コメントが「うわキツ」で埋まりそうな感じだったけど、目の前で見せられたらそんなんこれっぽっちも思わないというか、「ゆい㌧カワイイかよ!」ってなった…
ほかのお題もきちんと演っていたんだけど、一つだけふわっと誤魔化したお題があって、「阪神戦で阪神の選手を野次る」というもの。
こればっかりは、「タイガースの仕事が来なくなったら困る」と野次ること無く終了w

・プレゼントコーナー
サイン色紙にあたった人の名前を入れてプレゼント。
抽選方法はくじ引き箱に入った半券をゆい㌧が引く形式。
当たらなかったね…

ゆい㌧のトークショーだったけど、いつもよりは野球成分が少なめだった気がする。
主に関西弁講座のせいかもしれない。
終わった時には表ももう暗くて、出店もほとんどが撤収していた感じ。
夜通しでやったりはしないのね、と思いつつ、今どきはそんな感じなのかな。

大学祭のトークショーはけっこうゆるい感じで楽に見られるので、行けそうなら行くのがよさそうだね。
また来年もなにかあれば行ってみよう。