読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとなんかかいておくところ

アニメとかイベントとかライブとか、忘れないようにかいておくところ。おもにじぶん用。

てさぐれvsロボガ フルボッコトークバトルもの! 行ってきた

発表された時には「そんなのやるのかー」くらいに思っていたロボットガールズZとてさぐれ!部活もののコラボイベントなのだけど、てさぐれ!催しもの あんこーる 見てからあけこが気になってしまったので、チケット取って行ってきた。

場所は阿佐ヶ谷ロフトA。阿佐ヶ谷のは今回はじめてだけど、ロフトプラスワンみたいな感じだろうなーと思いながら会場へ。

整理番号も30番台で前の方だったので結構近くの席に座って始まるの待機と思っていたけど、入ったらすでにぬこPと森Pでしゃべってて、開演時間まで時間つないでた。
と、すでにしゃべってたのでさっさと正面まんなかあたりに座ってコラボメニューを注文しようと思ったけど、注文が多くてしばらく待ちにw
コラボメニューはこんな感じ
 f:id:HPH:20141025180632j:plain

中身の方は、権利的にいろいろ言えない感じなものが結構飛び交ってたw
まぁ、予想通りとはいえ、なかなかヒドいw 
それはそれとして、コーナーの構成は、プロデューサー対決、脚本家対決、監督対決、声優対決の4つ。それぞれのコーナーで対戦って形だけど、偶数だから引き分けの可能性が・・・
それぞれのコーナーで印象深かったことをいくつか。書ける範囲で。

■プロデューサー対決 
キャスティング裏話がテーマ。まずてさ部の方で、あの4人のキャラとして「頭いい2人、よくわかんない1人、ちょっと足りない1人」が最初の予定だったらしいんだけど、会場に居た全員が「2人!?」となってたw
部長は頭いいカテゴリにはなにをどうやっても入らないだろ・・・
ロボガの方はグレちゃんのキャスティング。中の人の身長的に今のキャスティングに落ち着いたそう。今どきは身長も選考要素なのね。

■脚本家対決
今だから言わせたい台詞がテーマ。これはてさ部の方、
「私、石ダテさんの作品に出させて頂いて、心から感謝しています」
がピカ一。あけこの顔が超怖かったw
すごい不満顔なんだけど、声がちゃんとひーな先輩ですごかった。表情とのギャップがものすごくて笑いが止まらなかったけどw

■監督対決
オトナの事情でボツになったネタがテーマだったんだけど、話の中身で覚えてるところがあんまりない・・・
とりあえず、池畠監督は登場時にすでに日本酒数杯空けてたらしく、結構できあがった状態で出てきたw
覚えてるのは、てさ部で「除菌シート」がNGだったという話。

■声優対決
テーマは、自分の役に対する熱い思いを語れ、だったけど、どちらもマイナス点を熱く語ってた気がするw
印象に残ってるのは、てさ部の方で、1日で本編4本、コメンタリー8本、ラジオ4本、計16本の収録をしたという話。これにはロボガチームも観客もびっくりw
あと、収録ブースが中からは開けられないらしくて、「なんか面白いこと言わないと出してもらえないんじゃないかと思った」とあけこ談。

ひと通りコーナーが終わって勝敗の方はお互い2勝2敗のイーブン。
ここで、乱入する荒タイガーさん!
マスクしたなぞの人が乱入してきてステージの上でとりあえず暴れていた。
よくわからないけど、てさ部vsロボガの勝敗は場を乱した荒タイガーさんの一人負けという結果に。


ほんとだれだったんだろう(棒

最後にフォトセッションの時間があって、登壇者全員でポーズをとってプレスの人の写真撮影時間。
このときも池畠監督はかなり自由な感じで大変そうだったw

はっきり言って中身は全く無いと言っていいような内容なんだけど、話を聞きながら笑ってるうちにあっという間に時間が過ぎてしまった感じ。
とりあえず、声優2人はものすごい精神が削れてる感いっぱいだったw
こんなイベントはなかなか無いだろうけど、監督メインでやりたいみたいなことも言ってたので、もしそんな機会があれば行きたいなw 

 

帰り際に今日の出し物の看板を
f:id:HPH:20141025213621j:plain